アイスモークの口コミと評価は?

i-smoke

アイコス互換のベプログベイプ

  • アイスモーク(iSMOKE)の口コミ
  • アイコスとの違い
  • メリットデメリット
  • 販売店で購入する時のポイント

をまとめました。

【iSMOKEの公式サイト】

アイスモーク(iSMOKE)の口コミは?

  • 「1本吸うごとの充電がなくて快適!」

連続吸いができる充電環境

アイコスでは、1本吸うたびに、4,5分の充電をしないといけませんね。

アイスモークは、1本吸うたびに充電しなくていいんです。

連続吸いができるってことですね。

  • 「続けてたくさん吸いたい」

って理由で選ばれているようです。

 

  • 「味が安定してる」

理由は、均等にタバコを熱することができるからです。

加熱ブレードがしっかり刺さっていないと、最後まで美味しく味わえないんです。

アイコスって吸い始めと吸い終わりって、味が若干違うときありますよね。

加熱ブレードがうまく刺さりにくいため、ムラが出てしまうんですね。

アイスモークは、棒状のブレードが刺さりやすい形状になっています。

i-smokeのブレード

タバコに直接刺さる部分がジャストミートしてるか

って、美味しく吸うためには欠かせないんです。

  • 1本のタバコを味わい尽くせる

構造になっているんですね。

 

  • 「使い方がシンプル」

アイコスだとホルダー、充電チャージャーに分かれていますね。

  • ランプの色の意味
  • 複数のボタン操作
  • それぞれの充電作業

など、慣れればたいしたことないですが、最初は覚えることが多いです。

アイスモークの部品は本体1つだけ。

しかも、

  • 操作はボタン1つで完了

アイスモークのランプ

5回連続で押す=電源オンオフ

10秒長押し

ランプ点灯で、喫煙スタート

ってだけです。

新しい電子タバコを選ぶ時は、シンプルに使えるかも大切ですよね。

【iSMOKEの公式サイト】

アイスモークとアイコスとの違い

味(おいしい?まずい?)

  • 味は変わらない

アイコスとアイスモークの比較

感じるフレーバーの味は、変わりません。

加熱する構造上、
アイスモークの方が一定の味を楽しめるってことですね。

「アイコスにこだわりはない」

って人は、

  • 同じ味を楽しめる
  • 味のばらつきがない

って点で、アイスモークを選ぶ人が多いです。

 

サイズ

  • アイコスよりも小さい

大きさは

  • アイスモーク小 <<< アイコス大

って感じです。

毎日持ち歩くものなので、コンパクトサイズがうれしいって人には助かりますね。

 

重さ

  • アイスモークの方が軽い
  • アイスモーク 30g
  • アイコス   120g

こう見ると、結構差があるんですね。

持ってみるとわかりますが、中身スカスカなの?ってくらい軽いです。

そのため、ずっしり重みのある中で、タバコを吸いたい人には、向かないですね。

  • 「軽くて小さくなるのは、うれしい」

って人は、アイスモークだとピッタリですね。

 

値段

  • 2,500円ほど安い
  • アイスモーク 8,424円
  • アイコス   10,980円

メリットは多いですが、値段は安いんですね。

吸うタバコは同じなので、本体が節約できるのは、お財布にもうれしいです。

互換性に抵抗がないなら、お手頃価格で手に入るので、選んでもいいかもしれませんね。

【iSMOKEの公式サイト】






でも、デメリットもあります。

アイスモークの良い面、悪い面も知った上で、利用したいですね。

 

アイスモークの評価は?メリットデメリット

良い評価

充電を気にすることが少なくなる

i-smokeのメリットに喜ぶ

「充電を気にして楽しめない」

って時ありますよね?

1本ごとに充電が必要なアイコスとは違い、連続で吸えるって点は、高評価ですね。

でも、1度に13本までです。

休憩中の10分、20分って感じなら、
充電にビクビクすることなく、吸えそうですね。

  • 途中で充電が切れて、イライラする
  • 充電を待ってるムダな時間がなくなる

って点をみんな評価してるんですね。

 

掃除がラクちん

アイコスって、意外に掃除しにくいんですよね。

特に、ホルダー中にある加熱ブレードの黒いこびりつきが、なかなか取れません。

  • アイコス:たいら状
  • アイスモーク:棒状

ブレードの形状が棒状だと、
掃除する面が少なくてありがたいんですね。

ポキっと折れてしまう心配も少なく、クリーニングしやすいです。

持ち運びしやすく、かさばらない

アイコスの場合

  • ホルダー
  • 充電チャージャー

の2点を持ち歩かないと、いけませんね。

 

アイスモークの場合

本体1個だけ持っていけば、OKです。

充電部分と本体がセットになっているので、カバンの中でかさばることがありません。

  • ホルダーより小さい
  • さらに、軽い

って点で、身軽に携帯できますね。喫煙が生活の一部になっているなら、道具の大きさや重さってかなり重要です。

 

悪い評価

カスタマイズしにくい

アイコスと違い、専用のケースやシールなどが販売してません。

おしゃれを重視するなら、
アイコスの方がアレンジしやすいですね。

  • 使いやすさを重視したい

って人には向いています。

 

吸い終わりの合図がない

アイコスだと赤ランプやバイブの震えで

「そろそろ終わっちゃうよー」

って合図があります。

でもアイスモークには、吸い終わりのサインはないんですね。

味が出なくなったら、交換ってだけなので、特に心配はないかもしれません。

 

連続で吸えても、13本までが限界

13本以上続けて吸うことは、できません。

連続で吸えても、充電が切れるまでってことですね。

1回の喫煙で、数本くらいって人なら、気にならないですね。

10本以上、連続で吸うってヘビースモーカーだったら、2台持ちして対策するしかありません。

【iSMOKEの公式サイト】

販売店で購入する時のポイント

  • 保証は付けるべき

アイスモークの保証制度
通常だと、1カ月しか保証期間がありません。

数か月後、故障したときに、新しく買うことになります。

でも、2,700円のプラスで、1年間の保証が付いてきます。

「そんなかかるんならいいや~」

と付けない人はちょっと損してるかも。

  • 実質200円で1年保証をゲット

保証を付けた人限定で、お金として使えるポイントが、25,00円付くんですね。

2,700円ー2,500円=実質200円

で、1年以内の故障に対応してくれるんです。

ポイントには有効期限がないので、消えてしまったなんて心配もありません。

電子タバコは機械類なので、故障はつきものです。

新しく買い替えるってことがないよう、保証にも入っておきたいですね。

【iSMOKEの公式サイト】

 

  • どの色を選んでも同じ料金

アイコスだと限定カラーは高額になっていますが、同一価格なのもうれしいですね!

値段を気にせず、好みの色を選べるのは、助かります。

【色の種類】

  • ゴールド
  • ブルー
  • ホワイト
  • シルバー
  • ブラック
  • ピンク

ニセモノが多いので、注意

電子タバコ自体、色々と出ているので、間違えやすいです。

  • 名前が似ていたり
  • 公式と間違えるような表記

をしている販売店もあり、購入する時は気を付けたいですね。

「間違えて、別の買っちゃった!」

ってことがないように、公式サイトからの注文が確実です。

延長保証も公式サイト限定なので、まずは安心も買いたいですね。

⇒公式サイトでiSMOKEを買う

 

 

 

 

 


「害はあるってホント?」
iqosの害 紙タバコと比べると、おさえられてますが、
  • アイコス
  • プルームテック
  • グロー
どれもニコチン害は入ってるんです。

健康に気をつかうなら、一切吸わない選択が、ベストです。

でも、タバコは我慢できない!

って人は、
ニコチンが全くないタバコを吸うって選択もできます。

以下で、おすすめの3種類をまとめました。
  • 煙の量
  • デザイン
  • 吸った人の感想、口コミ
から、お気に入りを見つけたいですね。

【ニコチンゼロのタバコランキング】
好きな味を選べる【スムースビップ】
smoothvipの電子タバコ
  • 現在、キャンペーン価格
  • 2つの味が楽しめて、お得
 

スムースビップの口コミと吸った時の様子



ビタミンも取れる【c-tec】
c-tecの電子タバコ
  • 肌荒れを気にする女性に人気
  • コンパクトで使いやすい
 

c-tecの口コミと吸った時の様子

 

煙の量が多い【JPベポ】
jpvaporの電子タバコ
  • 見た目がカッコイイ
  • 正式な健康検査をクリアしてる
 

JPベポの口コミと吸った時の様子