「故障しやすい」とは聞くけど、実際、iQOSの寿命はどのくらいなんでしょうか?

目安の期間と、使用者の声を分析してみました!

寿命のマーク

実際のアイコスの寿命期間

  • 約1年間

365日の時計

詳しく見てみると、1年間って結果になりました。

アイコスには、可能な充電回数が決まっているので、そこから調べてみました。

「計算式は嫌いっ!」人は、太文字だけ読んでくださいね。

 

iQOSホルダーの寿命

ホルダーは、約7,300回の充電可能なので、

  • 1日1箱吸ったら、1年間は利用可能

7,300回÷365日=1日20回の充電

このように、1箱(20本)吸ったら、1年間持ちますね。

 

iQOSチャージャーの寿命

充電チャージャーは、約400回の充電可能なので、

  • 1日1回の充電で、1年1か月は利用可能

400回÷365日=1年と35日

このように、1日回充電したら,1年と1か月ほど持ちますね。

受電ができる回数から見てみると、目安としては、1年間は使用できる計算になります。

 

実際にどのくらいで壊れたのか

本当にそうなのでしょうか?実際の使用者の声も見てみました!

  • 1年間は大体の平均値

実際の声

どのくらい故障せずに使えているのか、調べてみると、

中には、長持ちしたって声もあったり、


逆に、予想以上に早く壊れてしまったりしたという人もいます。


寿命が1年というのは、あくまで目安ですね。

いつ使えなくなるかは、使い方や運の要素も強いです。自然に壊れてしまうのは仕方ないですが、長く使用できるように大切に使っていきたいですね。

 

アイコスの寿命切れへの対策

  • 予備用のアイコスを用意する。

good-idea

今後も使い続けるなら、この先、買い換える時が必ずきます。

急な故障の時のために、予備用のアイコスをもう1台持つのもいいかもしれません。壊れるタイミングは予想できないので、緊急用のアイコスがあるのは安心できますね。

早めに用意するなら、ベストな買い方を選んでください。

あなたに合ったアイコスの販売店の選び方

 

まとめ

一般的には、約1年間が寿命となります。中にはすぐ壊れてしまったり、思ったより長く持ったりもいるので、目安にはなります。

万が一のために、2台目のアイコスを早めに用意しておくと賢いかもしれません。「同じものを買うってもったいない」って人もいるはずですが、もしものための2台持ちが増えてるんですね。

「いずれは買うから」って考え方だと、納得できるかもしれません。

2台持ちするメリット・デメリット