アイコス、グロー、プルームテックどれがいいの?比較したい!
アイコスのトリセツ
色んな項目ごとにわかりやすく比べてみたよ!あなたにピッタリのタバコを探そう!

アイコス、グロー、プルームテックを比較


\タバコ代が1,000円安くなる/

iqos-paypay

>>無料でダウンロード【ios】

>>無料でダウンロード【android】


アイコス、グロー、プルームテック比較表

  • 同じ加熱式タバコでも、こんな違う!

売上1位3位2位価格7,980円~10,980円2,980円3,980円3,000円掃除メンテナンス必要必要いらない

アイコスアイコスホルダー本体 グローグロー本体 プルームテックプルームテック
選び方のポイント 吸った感◎ 充電持ち◎ 匂い少め◎
匂い  ☓   (きつい匂い)  ○  (匂い少なめ)  ◎  (無臭に近い)
コスパ(1服あたり) 1.78円 1.64円 1.96円
吸いごたえ

匂い

  • プルームテックの匂いが少ない
iQOSアイコスホルダー本体 glo グロー本体 PloomTECHプルームテック
匂い きつめ 少なめ ほぼ匂わない

タバコ葉を高温で加熱しないため、匂いが少ないんですね。

アイコス、グローと比べると、無臭に近いです。

  • まわりに非喫煙者が多い
  • 小さい子どもと住んでる

などの環境では、匂いが出ないタバコだと助かりますよね。

ニコチン臭が強いと、洋服や髪の毛についてしまうので大変です。

タバコを吸わない人からしたら、匂いが出ると嫌がられますね。無臭に近いタバコを求めているなら、プルームテックがおすすめ。

 

コスパ

  • 1吸いのコスパは、グローが安い
iQOSアイコスホルダー本体 glo グロー本体 PloomTECHプルームテック
コスパ(1服あたり) 1.78円 1.64円 1.96円
アイコス1服あたりの費用

1箱20本:500円

1本で14回吸えるので、

1箱:20本×14=280吸い

  • 500円÷280吸い=1服あたり1.78円

 

グロー1服あたりの費用

1箱20本:460円

1本で14回吸えると考えると

1箱:20本×14吸い=280吸い

  • 460円÷280吸い=1服あたり1.64円

 

プルームテック1服あたりの費用

1箱5カプセル:490円

1カプセルで50回吸えるので、

1箱:5カプセル×50吸い=250吸い

490円÷250吸い=1服あたり1.96円

 

吸いごたえ

  • アイコスが一番吸いごたえあり
iQOSアイコスホルダー本体 glo グロー本体 PloomTECHプルームテック
吸いごたえ

「タバコだから吸った感がほしい!」

ってあなたはアイコスがおすすめ。タバコ感に近い特徴があるので、満足しやすいです。

プルームテックも吸い方次第で満足度が上がります。でも、元の味が薄いので、物足りないって声は多いですね。

紙巻きタバコで、キック感が強い銘柄を吸っていたなら、アイコスから切り替えるとスムーズです。

重いフレーバー味から、乗り換えると味に慣れやすいです。

アイコスの人気の味は?フレーバー全種類

 

売上

  • アイコスが独走して1位
iQOSアイコスホルダー本体 glo グロー本体 PloomTECHプルームテック
売上 1位    500万台 3位    200万台 2位    400万台

 

2019年に公表されてる台数で比較すると、アイコスが首位を独走しています。

人気番組アメトークでは、アイコスが取り上げられていましたね。

新しいタバコのブームのきっかけになった商品なので、利用者も多いんです。

プルームテック、グローも販売台数を増やしているので、どこまで追いつけるかがカギですね。

「どの加熱式タバコを吸えばいいかわかんない!」

ってあなたは、一番売れてるアイコスを試してみるのがわかりやすいです。

 

価格

  • 本体代は、プルームテック、グローがお手軽
iQOSアイコスホルダー本体 glo グロー本体 PloomTECHプルームテック
価格 7,980円~10,980円 2,980円、3,980円 3,000円

初期費用を抑えられるのは、プルームテック、グローです。

アイコスの存在が大きいため、なんとか利用者を増やしたいんでしょうね。

興味を持ってもらうために、

  • グロー:980円で乗り換えキャンペーン
  • プルームテック:2台目はタダの特典

などの色々な施策をしたりと、獲得を目指していますね。

アイコスブランドにこだわりがないなら、安い加熱式タバコを選んでも経済的ですね。

 

アイコス本体代
  • 7,980円(アイコス2.4PLUS)
  • 8,980円(アイコス3マルチ)
  • 10,980円(アイコス3)

アイコスの値段は?ネットの最新情報

 

グロー本体代
  • 2,980円(通常版)
  • 3,980円(グローシリーズ2)

グローの値段は?ネットの最新情報

 

プルームテック本体代
  • 3,000円

プルームテックの値段は?ネットの最新情報

 

掃除メンテナンス

  • プルームテックは掃除いらずで手間なし
iQOSアイコスホルダー本体 glo グロー本体 PloomTECHプルームテック
掃除メンテナンス 必要 必要 いらない

アイコス、グローは吸い殻が本体内へ残ってしまうデメリットがあります。

そのため、定期的なメンテナンスが必要なんですね。

でも、プルームテックは使い捨てのカプセルを直接吸うだけなので、掃除もいりません。

「手間なく使いたい!」なら、プルームテック一択になります。

こびり付きを取り除くって結構な労力が必要なんですね。

めんどくさがり屋さんは、以下の作業ができるかどうかで判断して下さい。

アイコスブレードの根本の焦げを取る方法

 

アイコス、グロー、プルームテックどれがいい?

  • どのメリットを求めるかで決める!
iQOSアイコスホルダー本体 glo グロー本体 PloomTECHプルームテック
選び方のポイント 吸いごたえ 充電持ち 少ない匂い

吸いごたえ重視なら「アイコス」

アイコスは吸いごたえアリ
吸った感がないと、タバコの楽しみがなくなりますよね。

ちょうどいい重さは人それぞれです。でも、きつい紙巻タバコを吸っていたならアイコスが一番

もし、ニコチン量を減らしたいなら、

紙巻タバコ

アイコス

グロー

プルームテック

って流れが体に合いやすいですね。

加熱式タバコによって、ガツンとくる刺激も違うので、どのくらいの重さを求めるかも考えて選択しましょう。

 

 

充電持ちを求めるなら「グロー」

グローは充電持ちがいい
充電が長く持つのがポイント。

満タンに充電してあれば、20本以上は吸えるので、1日中持つことがほとんど。

充電時間は長めですが、1日に何度もバッテリー補充する手間がないですね。

アイコスも新型が出て、改良されましたが、充電持ちに関しては、グローが上。

「連続吸いをたくさんしたい!」ってあなたは、グローがおすすめ

 

少ない匂いで吸うなら「プルームテック」

プルームテックは匂いが少ない
アイコス、グローとは大きく加熱方法が異なるので、匂いがあまり出ないんですね。

「味が軽いけど、臭わないのはうれしい」

と物足りなさよりも、匂いが軽減されるプルームテックを選ぶ割合も高いです。

適度な強さでタバコを楽しみたいならプルームテックがピッタリです。

ニコチン量を増やした新型プルームテックも発売されました。

プルームテックに絞って強さを調整するのもアリですね。

プルームエスの口コミは?吸ってみた感想と5つの評価