新しい加熱式たばことして有名な、プルームテック、アイコス、グローの違いや比較をみていきましょう。

「どれが自分に合うのかわからない!」

question-mark

そんな人のために、それぞれの違いとあなたに合うタバコをお伝えします。

まず、何が違うのかカンタンに見ていきますね。

タバコ葉の加熱方法が違う!

過熱

  • 「プルームテック」は、タバコを直接加熱しないで、カートリッジ内でリキッドを霧状化します。
  • 「アイコス」は、タバコを直接加熱して、ニコチンと水蒸気を摂取します。
  • 「グロー」は、タバコ全体を加熱します。

タバコの葉を加熱する方法ってさまざまなんですね!

調べてみようと思わなければ、わからなかったです。その加熱方法の違いで、吸った時の風味なども変わってくるんでしょうね。

 

価格が違う!

price

  • 「プルームテック」は、4,000円 (割引き後は、2000円)
  • 「アイコス」は、9,980円 (割引き後は、6,980円)
  • 「グロー」は、8,000円 (割引き後は、3,980円)

こう見ると、プルームテックって安すぎですね。他とは、半額くらい違うので、「試しに電子たばこにしてみたい」って導入品には向いているかもしれません。

しかし、どれも今は販売店では買いにくい状況です。この価格で買うことができた人は、かなり運があります。
 

タバコの銘柄が違う!

銘柄

  • プルームテックは、「メビウス・フォー・プルーム・テック」

味は「レギュラー」「クーラークリーン」「クーラーパープル」の3種類。

  • アイコスは、「マルボロ」

味は「レギュラー」「バランスド」「メンソール」「ミント」の4種類。

  • グローは、「ケント・ネオスティック」

味は、「香ばしいレギュラー」「爽やかメンソール」「強烈メンソール」の3種類。

全体的に味の種類が少ないかなといった印象です。もう少し増えたら、喫煙の楽しみも広がりますよね。

 

喫煙方法が違う!

smoking

同じ加熱式電子たばこといっても、吸うまでの方法や流れが違います。

それぞれの喫煙方法の違いを見ていきましょう!

プルームテック(PloomTECH)

喫煙方法は、タバコを差し込み、吸引するだけで自動に電源が入り、喫煙することができます。
また、カプセル1つで50回吸引可能。途中で喫煙を中断できます

 

アイコス(iQOS)

喫煙方法は、タバコを差し込み、スイッチを2〜5秒長押しすることで電源が入り、喫煙することができます。
タバコ1本につき、14回または6分程度吸引可能。途中で喫煙を中断することはできません。

 

グロー(glo)

喫煙方法は、タバコを差し込み、スイッチを入れてから40秒ほど加熱することで喫煙することができます。
1回の充電で35本分吸引可能。途中で喫煙を中断することができません。

また、シンプルに使用できる点も大きいですね。加熱も充電も1台で全部できてしまうんです。

 

発売時期と発売元

会社のビル

プルームテック(PloomTECH)

日本産業株式会社(JT)から、2016年3月に発売。

アイコス(iQOS)

フィリップモリスから、2015年9月に発売。

グロー(glo)

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンから、2016年12月に発売。

アイコスやグローは海外発祥なんですね。

今のブームの流れで、今後も電子たばこバトルが白熱しそうですが、日本ブランドのプルームテックも頑張って欲しいですね。
 

あなたに合った加熱式タバコの選択

pointing

結局、どれが優れているのでしょうか。
結論から言うと、一長一短です。
 
自分の吸い方に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

1日に吸う本数が多い人

グローがおすすめ

なんといっても、1回の充電で35本も吸えるわけですから、他の電子タバコよりも多く吸うことができます。

しかも、1台で機能が詰まっているのでシンプルに使用可能です。そのため、ごちゃごちゃしているのが嫌だって人にもコンパクトに使えてうれしいですね。
 

 

作業をしながら吸いたい人

プルームテックがおすすめ

喫煙を中断できるということもあり、作業をしながら少しだけ吸いたい方に最適ですね。

「ちょっとした時に軽く吸いたいんだけど」って場面で活躍できる点が、喜ばれる理由ですね。

吸うときにストレスを感じたくないなら、使い勝手がいいPloomTECHが好まれます。
 

 

 

ケアが面倒な人

アイコスがおすすめ

その手間を省きたい方にとっては、アイコスがオススメです。
やはり電子タバコの面倒なところといえば、故障や掃除などのケアをしなければならないところです。
取扱店が多いということもあり、トラブルに対応しやすいです。

正規販売店のiQOSストアに立ち寄れば、ケアを行ってくれますし、困ったことがあれば相談できます。もしもの時を考えると、公式のストアが複数あり、助けを求められるってでかいですよね。
 

 

まとめ

近年は猛烈なスピードで電子タバコが普及してきました。そのため、種類が多く、分かりづらいといった方も多いのではないでしょうか。

しかし、こうしてみてみると、どれにも特徴があり、人によってマッチする電子タバコがあるはずです。害が少ないということもあり、今後もますます浸透していくことでしょうね。

iQOS、PloomTECH 、gloの販売店まとめ