加熱式タバコで火事になる?


アイコスプレゼント企画

質問者
加熱式タバコは火事になる危険はないってホント?

アイコスのトリセツ
消防庁が、加熱式タバコの火事への危険について、実験を行ってくれたよ!結果とともに、安全性を確認していこう!
  • 加熱式タバコと火事についての実験結果
  • 本当に加熱式タバコで火事にならないのか
  • 販売元ごとの火事への注意事項
  • 吸い殻を発火させない方法

が1記事でわかります。

 

加熱式タバコは火事になる危険性が低い!と公式発表あり

  • 消防庁より、「火災の危険性は極めて低い」と発表

消防庁の加熱式タバコの火事への実験

総務省の消防庁が行った実験で、

  • 加熱式タバコの火事への危険は、ほとんどない

って結果が出たんです。

販売元以外の実験だと、さらに安心感がありますよね!

しかも、公的な機関が行ってくれ、加熱式タバコの注目度の高さを感じます。

詳細をカンタンに説明すると、

 

3つの実験で明らかになる

  • 1.寝タバコを想定し、フトン繊維への着火実験

寝タバコで火事
紙巻きタバコなら、寝タバコで火事になったケースは多いですね。

実験では、加熱式タバコなら、フトンの繊維でも、燃えるような現象は見られなかかった実験結果が。

就寝前にタバコを吸う習慣がある人は、危険性を回避するためにも、加熱式タバコの方が安全ってことですね。

もちろん、

  • アイコスだったら、寝ながら吸ってもOK

ってことにはつながらないので、注意。

 

  • 2.ゴミ箱へ吸い殻を廃棄した時の着火実験

加熱式タバコの吸い殻の火事につながる可能性実験
紙を入れたゴミ箱の中に、加熱された

  • アイコス
  • グロー
  • プルームテック

のタバコを入れても、吸い殻の温度は、すみやかに下がって、炎が出る症状は見られなかったとのこと。

火がついてなくても、

「すぐゴミ箱へ捨てるのは、抵抗がある」

って人も多いですが、火事へつながる心配は少ないんですね。

 

  • 3.加熱式タバコがたまった灰皿へ、火付きの紙巻きタバコを入れた時の着火実験

加熱式タバコの火事の実験
加熱式タバコは、火を広げる原因にはならなかった結果に。

  • アイコス:表面の一部が変色しただけ
  • グロー:点火した紙巻タバコを入れると燃えた
  • プルームテック:穴が空き、内部の粉末が出てきただけ

グローのみ、火の元になる紙巻タバコがあると、燃える
アイコス、プルームテックは、いずれも、火が出る現象は見られなかったんです。

火元と接することがあると、燃えてしまうのは仕方ないですね。

>>参考:加熱式たばこ等の安全対策検討会報告書PDF

以上、3つの実験より、

「加熱式タバコだけが原因で火事になることは、かなり低い」

って結果が出たワケです。

でも、本当に火事にはならないんでしょうか?

 

加熱式タバコは火事にはならないってこと?

火事の危険を消せたわけではない

加熱式タバコで火事になる

上の声と同じ疑問を持ってる人も多いのではないでしょうか?

私個人も、「火事になる危険は低い」ってだけで、火事へつながる可能性はゼロではないと感じてます。

アイコスで火事の心配は?燃えるゴミに捨てる時の3つの注意点

公式でも、

  • アイコス
  • グロー
  • プルームテック

の各加熱式タバコ販売会社ごとに、注意を促しています。

以下で、具体的にどんな警告をしてるか見ていきましょう。

 

加熱式タバコごとの火事に対する注意事項

どの加熱式タバコも、説明書に警告文あり

アイコス、グロー、プルームテックの火事への警告文

アイコス

  • 燃えやすいものの近くでは使用NG
「燃えやすいもの、液体、ガスがある場所や酸素が使用されている特殊な場所では、IQOS デバイスを使用しないでください。」

使用する環境には、十分注意して下さいってことですね。

吸う場所には気をつけてるけど、

「アイコス本体が熱くなる」

って人は、原因を下の記事で説明しています。

アイコスが熱い!熱くなる3つの原因

プルームテック

  • 具体例を挙げて、使用禁止をお願い
「Ploom TECH に関連する全てのアイテムを引火性のもの(ベンジン、シンナー、スプレー、整髪料など)の近くで使用しない。」

グロー

  • 爆発する可能性にも触れる
「本製品及び関連する付属品を引火性のもの(ベンジン・シンナー・スプレー・整髪料など)や可燃性のもの(たとえば寝具)の近くや、火がつきやすい環境(ガソリンスタンドなど)で、使用・充電しないでください。爆発や火災の原因となります。」
  • アイコス
  • プルームテック
  • グロー

どの加熱式タバコの販売元でも、注意喚起を行っています。

まだまだ、普及して間もない、加熱式タバコ。
直接、火を使わないので、紙巻きタバコよりは安全ではあります。

でも、これからどんな問題が起きるかわからないので、利用者の一人一人が、注意しながら取り扱っていくことが重要なのかなと感じます

吸う時のまわりの環境はもちろん、

吸い殻の取り扱いにも、注意すべきです。
加熱式タバコの吸い殻
 

加熱式タバコの吸い殻を発火させない方法

絶対、火事にならないといった甘い意識は捨てる

加熱式タバコでも火事になる
実験では、火事の危険性はかなり低いとの結果が出ましたが、そのまま受け止めてたら危ないです。

火は出ていないが、高温になるので、

  • 火事へつながる可能性はゼロではない

って点は、頭に入れておきたいですね。

直接、炎が出なくても、

間違った使い方をしていると、

  • やけどをする
  • 高温の蒸気で、喉を痛める

などの影響が出るかもしれません。

グローからは警告されていますが、火がつきやすい環境で使用すると、爆発をする

って大きな事故へつながる場合も、考えられます。

普及して間もない今だから、前例がないだけで、危険性はある点を意識して使用したいですね。

 

吸い殻は、冷ましてからゴミ箱へ

アツアツの吸い終わりのヒートスティックを、ゴミ箱へポイッと捨ててないですか?

燃えやすい紙類が入っていたら、高温の吸い殻とどんな反応をするかわからないためですね。

必ず、温度が下がってから、まとめてゴミ箱へ入れるようにしたいですね。

やはり、専用のタバコ灰皿は1つ用意しておきましょう。

 

携帯用灰皿を用意する

外出先で吸うことが多いなら、携帯用灰皿は、セットで持ち歩きたいですね。

「喫煙所で吸うからいらない~」

って人も、その場で吸い殻をまとめておける場所があると、安心できます。

吸い殻を処分できない、もしもの時に重宝します。

ちょっとしたタバコの取り扱いで、周りの印象もよくなるので、おすすめ。

 

まとめ

  • 消防庁の実験では、「加熱式タバコは極めて火事になりにくい」との結果が
  • 紙巻きタバコより、安全な喫煙ができる
  • でも、火事への影響がなくなったわけではない
  • 一人一人の取り扱い方の意識で、大きな事故を防げる
「アイコスの充電がすぐ切れる!」

アイコスの充電切れ

「充電が全然もたない!」

って不満も多いアイコス。

2台持ちするのも、かさばるので大変ですよね。

快適に使うなら、バッテリー容量が多い本体で吸うのもアリです。
 

「ismoke」なら13本連続で吸える

アイコスの連続吸いできるismoke

続けて吸える本数が、大幅に増えるんですね。

喫煙時のストレスが少なくなるって重要ですよね。

他にもメリットがあるので、選ぶ人が増えています。
>>バッテリー大容量!ismokeの口コミは?