グローセンスの交換時期

グローセンスの交換時期は?何回吸えるの?
グローのトリセツ
タバコポットとカートリッジの替え時タイミングを具体的に教えるよ!

読者様から、貴重なご指摘をいただき、一部内容を修正させていただきました。

タバコポッド、フレーバーカートリッジ:交換サインがある

フレーバーカートリッジ分の180パフのみ、交換サインあり
※タバコポット分の60パフは、お知らせ機能はないので、注意してください。

グローセンスの交換時期

  • ライトが白色に10回点滅したら、交換

グローセンスの交換サイン

  • フレーバーカートリッジ

は、白点滅が10回したら、交換のサインです。

10回しか光らないので、見逃さないようにチェックしたいですね。

 

タバコポットは、交換のタイミングがわかりずらい

基本、1個のフレーバーカートリッジで、3個のタバコポットを吸うことができます。

でも、フレーバーカートリッジの交換時期しかわからないので、タバコポットの替え時に気付かず吸い続けてしまうケースが多いです。

そのため、フレーバーカートリッジとタバコポットの交換回数にずれが出て、リキッドが足りなくなる場合が。

「もう一箱買わなきゃ~」って経験ありますよね?ちょうど使い切ることが難しい状況です。

 

グローセンスは何回吸えるのか

  • タバコポッドで、60回、カートリッジは、180回

グローセンスの交換時期2

  • 1個のタバコポッドで、60パフ
  • 1個のフレーバーカートリッジで、180パフ

1パフで、1回吸えるって意味。

1個のフレーバーカートリッジで、180パフ吸えます。

そのため、1個のカートリッジで3個のタバコポッド(60パフ分)を使用するとピッタリ吸い切る計算になります。

でも、タバコポッド(60パフ分)は、自分で交換の管理をしないといけないため、わかりずらいんですね。

タバコポットの替え時タイミングの注意点

タバコポットの交換は、自己管理

グローセンスの替え時

カートリッジの交換時期は、10回の白点滅でサインがありますね。

タバコポットは60回分吸えます。でも、60回以上吸ってても、

  • 強制終了されたり
  • もう吸えないって合図

がありません。

そのため、替え時がわからないまま吸い続けることに

 

  • フレーバーカートリッジ
  • タバコポット

をピッタリ使い切りたい場合、回数を数えながら吸う必要があります。

 

対処法としては、

  • 味がなくなったら交換

タバコポットの交換合図がないので、「いつまで吸えるの~?」って混乱することに。

あいまいな交換基準ですが、自分で判断するしかありません。

味が出てるか?薄くなってるか?で判断しましょう

 

リキッドが足りなくなったら、自分で補充するのもアリ

非公式の方法ですが、フレーバーカートリッジにあるリキッドを補充すると、何回も吸えるようになります

電子タバコ用のリキッド液体を入れるだけで、OK

色々な種類があるので、グローセンスの味に飽きたら、試してみるのも、楽しそうですね。

 

何種類も入ってるセット売りから揃えると、お気に入りの味を見つけやすいです。

最初は同じリキッドを何個も買うのではなく、色々な味を吸ってみたいですね。

 

まとめ

  • グローセンスのカートリッジ交換時期は、白点滅が10回したらチェンジ
  • 1個のタバコポッドで、60回、1個のフレーバーカートリッジで、180回吸える
  • タバコポットの替え時タイミングは、自分で判断するしかない
  • リキッドを補充して、再利用するのもアリ

【グローセンス】

 


 

最新のプルーム商品が発売スタート

plooms2.0

  • メンソールが味わい強化
  • 刺激を調整できる
  • 吸える本数が今までの2倍に

最初からこれ出して欲しかった
なんて声も出ています。

>>>プルームS 2.0のレビューを見る
 
 
ploms2のカラー

数量限定カラーもあります!

↓↓↓

プルームS 2.0を公式サイトで買う