glosens


\タバコ代が1,000円安くなる/

iqos-paypay

>>無料でダウンロード【ios】

>>無料でダウンロード【android】


グローセンスのレビューが見たい!
グローのトリセツ
サンプル品をいただいたので、早速、吸ってみたよ!

グローセンスのレビュー

サンプルキットの内容

  • すぐ吸えるフルセット

グローセンスのサンプル品

  • glosens本体
  • デバイスキャップ
  • カートリッジ(たばこポット)
  • ユーザーガイド
  • USBケーブル
  • 充電ACアダプター

グローセンスのスターターキット

広告でグローセンスを見た第一印象は、

「なんだこの形?」

って感じでしたが、実物を見てみると、アリですね。

触った感も、手のひらにフィットして使いやすい。

グローセンスのサイズ感

イメージより、小さくてビックリしました。

  • 持ち運びやすい大きさ
  • 邪魔にならないサイズ感

に仕上がってますね。

箱が2段になってるな~と思ったら

グローセンスのフレーバー

  • 全種類のフレーバーも

グローセンスのフレーバー

サンプルキット箱の下段に、フレーバーがズラーと並んでました。

こりゃ~テンションが上りますね!

我慢できず、開けた直後に、実際使ってみました。

 

sensを使ってみた

  • 使い方もカンタン

1.本体を組み立てる

フレーバーカートリッジを取り付け
グローセンスのカートリッジ


たばこポッドを装着
グローセンスのたばこポットの取り付け


完成
グローセンスの組み立て完了

2.ボタンを3回押して準備OK

グローセンスのボタン長押し

3.吸う時は、ボタン長押し

今までのスティックたばこと違って、専用のカートリッジを使います。

グローセンスの使い方は、かなりシンプル!

1つのカートリッジで、約180回分の喫煙ができます。

  • 紙巻きタバコ20本と同じ量のカートリッジ

ってことですね。

早速、吸ってみました~!

 

グローセンスの吸いごたえは?吸ってみた感想

吸いごたえ

ベイプに近い吸いごたえ

グローセンスはベイプと似てる

グローセンスは、加熱式タバコですが、フレーバーの構造が全く違います。

リキッドを加熱して蒸気にして、楽しむため、ベイプ(電子タバコ)と似てる味わいになっています。

リキッド液体を熱する時の、バチバチって音が、より吸う前のテンションを上げてくれますね。

  • 電子タバコ?
  • 加熱式タバコ?

「ちょっと違いがわかんない!」

ってあなたは、以下の記事で詳しく説明してますので参考までに。

電子タバコと加熱式タバコとの違いは?

なんと言っても、グローセンスの特徴は煙の量。

 

煙の量

煙の量がハンパない!

少し吸っただけで、もわ~っと煙を吐き出せるので、肺活量がない人には優しい仕上がり。

吸った時の様子でわかりますが、かなりの煙を口から放出できます。

グローセンスの煙の量

プルームテックプラスの煙の量も絶賛してますが

煙の量の比較

  • グローセンス>>プルームテックプラス

って感じですね。

グローセンスは煙が多い分、吸いごたえを感じますね

味わいはどうなんでしょうか?

 

味の感想

ニコチン感は弱め

今までのグローは、独特な苦味があり、ニコチンを求める人には、ヤミツキになる風味だったと思います。

でも、グローセンスは、タバコ独自の苦味は少し弱め。

そのため、タバコ自体が苦手な人でも、デビュー品としてはもってこいの吸いやすさ

苦味が薄いので、より体に優しい感覚がします。

「将来、ニコチンを抜いて、禁煙したい」

ってあなたへも、禁煙前のワンステップにもおすすめ

 

グローセンスの評価

良い評価

爆煙で、吸った感がアップ

glosens-up
一吸いした瞬間に、「おぉ~」って驚きがあるくらいの煙の量です。

グローセンスくらい煙が出ると、吸った気がして気持ちよくなりますね。

グローだと感じられない、モクモクした煙による満足感を味わえます。

タバコの苦味が嫌いだけど、思い切り吹かしたい欲がある

ってタイプにはピッタリです。

それぞれの味もしっかり感じられる

グローセンスの味の一覧
ニコチンが弱いと言っても、

  1. リッチ・ブレンド
  2. メロー・ブレンド
  3. クリスタル・メンソール
  4. ブリーズ・ミント
  5. サンシャイン・ベリー
  6. エレクトリック・フルーツ

各フレーバー風味は、きちんと感じることができます。

それぞれの味の説明は、下の記事が参考になります。

グローセンスの味の種類は?おすすめフレーバー

紙タバコはガツンとしたキック感を求める人が多いと思いますが、

  • フレーバーごとの風味を味わえる一品

になっていますね。

ベイプの良さを取り入れた本体に仕上がっています。

 

悪い評価

ボタンを押しながら吸う必要がある

グローセンスのボタン

ボタンを押しながら吸わないといけないのが、気になる点。

使用中、ずっとではないですが、指先をボタンに当てないと吸えないのが、ちょっとしたストレスにはなるかも。

慣れてくると違和感はなくなりますね。

 

交換のサインがない

「あと何吸いしたら終わるよ~」
「赤く光ったら取り替えて~」

みたいな交換の合図がありません。

そのため、交換するタイミングが読みずらいってデメリットがあります。

でも、味が出なくなったら交換すればいいだけなので、気にしない人も多いかもしれませんね。

プルームテックプラスの方が吸いごたえ感はあり

リキッドを加熱するタイプが同じなので、プルームテックプラスと比較しやすいですね。

実際吸ってみるとわかりますが、キック感は若干負けてる感じ。

プルームテックプラス>>グローセンス

でも

  • 煙の量がハンパない
  • かなり吸いやすさがUP

されてるので、あとは好みの問題ですね。

 

グローセンスをおすすめする人しない人

買うべき人

軽い吸い心地を求める人

グローセンスが軽くて飛び跳ねてる様子

軽さのあるタバコを楽しめる
フレーバー本来の味を存分に味わえる

って吸い心地がとても良い感じ。

ニコチン感を薄いため、

「キック感がない」

って声も多く出ていますが、

  • タバコ初心者が吸い始めるには、もってこい

の吸いやすさになっています。

 

デバイス本体はミニサイズがうれしい人

アイコスのトリセツ運営者は、小柄な男ですが、

手のひらよりすっぽり収まるくらいのサイズ感。

女性でも握りやすい大きさなので、使いやすさは、より改善されてますね。

先がニョキッと突き出してるので、持ってる時も安定します。

 

タバコの交換がめんどくさい人

グローだと、1本のスティックで美味しく吸えるのが、20から30吸いくらいが目安。

でも、グローセンスだと、1つのカートリッジで180回も吸えるんですね。

  • 吸い終わりのスティックの処分に困ったり
  • いちいち取り替えたりする手間

を考えると、落ち着いて長くタバコを楽しめるスタイルになっています。

 

買わなくていい人

煙の量は求めてない人

中には、タバコの煙はあまり出てほしくないって人もいますよね。

ガンガン出るので、煙量を少なくしたい人には不向き。

でも、吸った後の煙を眺める時間って、気持ちがいいもんですよね。

個人的には、ニコチンの苦味があまり得意ではないので、煙の量で吸った感を味わえるタイプです。

軽さと煙を重視するならピッタリ

 

現状のデバイスで満足してる人

グローだけでなく

  • アイコス
  • プルームテック

色々と新型が出まくっていて、何がなんだかわからなくなりますよね。

正直、自分に合ったタバコデバイスを発見してるなら、試さなくてもいいかも。

でも、

とにかく煙を思いっきり吐き出したい

吸った感がほしいけど、軽いタバコがいい

って感じてるあなたは、理想のデバイス本体になる可能性が高いです。

いきなり6種類のフレーバーが発売されるので、

「好きなフレーバーを見つけられずにいる」

って人も、自分に合った風味の味を見つけられるかもしれませんね。

 

まとめ

  • グローセンスの煙の量はハンパない
  • 手のひらサイズで持ち運びやすい
  • ニコチンが薄く、キック感は薄め
  • フレーバーごとの味はしっかりして、美味しい
グローのトリセツ
グローセンスだけでなく、グローpro,nanoなどの新型も注目したいね!

グローnanoとproの違いや特徴は?おすすめポイントを紹介