プルームXとプルームS 2.0の違い

プルームXとプルームS 2.0の違いは?

プルームテックのトリセツ
加熱温度やスペックを、具体的に旧型と比較していくね!
 

プルームXとプルームS 2.0の違いは?

加熱温度

  • 加熱温度はアップ!Ploom Xは約295℃

プルームXの加熱温度
【公式回答】
プルームXの加熱温度

  • プルームS 2.0:約200℃~約245℃
  • プルームX:約295℃

50℃も加熱温度が上がってます。

  • 加熱温度が高い=吸いごたえが上がる

ことにつながるので、吸った時の満足感のアップに期待したいですね。

 

加熱方法

  • 独自の新しい加熱技術で対応

プルームXの加熱方法

プルームS 2.0は、テイストアクセルって、加熱ピークを長くする技術でした。

でも、プルームXは、温度だけでなく、気流も意識した新しい加熱技術「HEATFLOW」が採用。

カンタンに伝えると、

  • 気流を調整して加熱し、吸い応えが向上させる

ってことですね。

空気の流れに着目した新技術で、さらに旨味を存分に引き出せるようになったんです。

 

加熱時間

  • 5秒、短くなった
  • プルームS 2.0:30秒
  • プルームX:25秒

たばこを吸う時の待ち時間って、1秒でも長く感じますよね。

プルームXは、吸うまでの加熱時間が5秒短く設定されてます。

そのため、待つストレスが少なくなるってことですね。

 

連続喫煙できる本数

  • 吸える本数が1本増える
  • プルームS 2.0:22本
  • プルームX:23本

あまり違いはないですが、少し吸える本数が増えますね。

ヘビースモーカーなら、連続喫煙できる本数は1本でも増えた方がありがたいので、うれしいはず。

 

充電時間

充電時間は、めちゃくちゃ長くなった

プルームXの充電時間
フル充電にかかる時間は、

・プルームS 2.0:約90分
・プルームX:約140分

旧型のプルームS 2.0と比べても、50分は余計にかかってしまいます。

参考までに、プルームXは約110分の充電で20本分。プラス30分でフル充電をしても3本しか増えないので、コスパの良い充電は、約110分と覚えておきましょう。

 

  • その分、無制限に吸える仕様に
  • プルームS 2.0:約4分30秒か、14吸いまで
  • プルームX:5分間まで無制限吸える

14吸いまでと制限がありましたが、無制限吸える仕様に変わってます。

充電をたっぷりしてあげることで、長く楽しめるようになったってワケですね。

 

Bluetooth接続

  • 初のBluetooth接続に対応

プルームXのブルートゥース機能

今までのプルーム製品は、Bluetooth接続できなかったですよね。

プルームXでは、Bluetooth接続が可能となっています。

メリットとしては、

  • バッテリー確認
  • ロック機能の設定
  • プルームXの位置確認

がスマホでできるようになります。

プルームXのブルートゥース機能

プルームXのブルートゥース機能

  • バッテリーの残量を楽にチェックできる
  • ロックをして、誤作動を防ぐ
  • 接続した場所を確認できるので、紛失時のヒントになる

ってことですね。

プルームX単体ではなく、スマホと連動させることで、使い勝手が良くなるんです。

 

サイズや重さ、デザイン

  • 少し軽く、コンパクトサイズに

プルームXのサイズや重さ

幅、高さ、奥行がそれぞれ

  • プルームS 2.0:56x93x25mm、約106g
  • プルームX::43.5×88.5×24mm、約95g

デバイスを持ち歩く人が気にするのが、サイズや重さ。

プルームXでは、プルームS 2.0よりも改良され、少し軽く、コンパクトサイズになっています。

ゴツく大きくなりやすい高温加熱式のデバイスですが、プルームXはサイズや重さを抑えた仕上がりになってるんですね。

 

  • デザインは光沢のあるメタリック加工へ

プルームXデザイン

触り心地がゴムっぽいプルームS 2.0に比べ、プルームXは、ツルツルした光沢のあるメタリック加工へ変更になっています。

「どちらのデザインが良いか?」
は好みが分かれますが、プルームXは特別感が出てますよね。

 

プルームXとプルームS 2.0のスペックを比較

プルームXとプルームS 2.0の違い

 

プルームS 2.0プルームX
加熱温度約200℃~約245℃約295℃
加熱方法テイストアクセル新技術「HEATFLOW」
加熱時間30秒25秒
連続喫煙本数22本23本
充電時間約90分約140分
Bluetooth接続非対応対応
サイズや重さ56x93x25mm
約106g
43.5×88.5×24mm
約95g

 

プルームXをおすすめする人

とにかく吸いごたえ重視な人

プルームXとプルームS 2.0の吸いごたえの違い

加熱温度が、プルーム史上最高の約295度までアップしてます。

そのため、ガツンとした吸いごたえが期待できるデバイスです。

「どうしてもアイコスと比べると、吸った感が弱い・・・」
不満を持ってた人も、プルームXなら解消できるかもしれません。

新しい加熱技術の導入も含め、販売元のJTさんも、吸いごたえには力を入れてることがわかります。

 

個性的なデバイスを使いたい人

プルームXをおすすめする人

プルームXのキャッチコピー
「その手に個性を」

今までにない機能とデザインを用意しており、「個性」を重視した本体になっています。

また、通常色もシンプルに設定し、
アクセサリーで自分なりの色味を出せる内容になってます。

あなただけの加熱式タバコデバイスに、アレンジして使ってほしい
なんてメッセージがあるのかもしれませんね。

プルームXアクセサリー

 

ボタンの不具合を気にしたくない人

プルームXにはボタンがない

プルームXには、突き出したボタンがないんですね。

表面の内側に、電源ボタンがあるんです。

そのため、余計なボタンの故障を防げます。

また、LEDランプとバイブレーションで使用状況がわかる仕様になってるんですね。

何だか近未来的な加熱式タバコデバイスに進化して、よりシンプルに使えるようになりました。

 

まとめ

プルームS 2.0からプルームXで変化したこと
  • 加熱温度:加熱温度はアップして、約295℃へ
  • 加熱方法:独自の新しい加熱技術で対応
  • 加熱時間:5秒、短くなった
  • 連続喫煙できる本数:吸える本数が1本増え、23本へ
  • 充電時間:めちゃくちゃ長くなり、約140分
  • Bluetooth接続:初対応
  • サイズや重さ:少し軽く、コンパクトサイズに

 

IQOS限定モデル「プリズム」をプレゼント

アイコスのトリセツプレゼント企画

アイコスのトリセツ
感謝を込めて、抽選でプレゼントするよ!応募はタダだから、運試しに!