アイコス3duoの掃除

アイコス3duoの掃除のコツは?
アイコスのトリセツ
アイコスを美味しく味わうためにも、クリーニングのコツを教えるね!
  • アイコス3duoの掃除のコツ
  • アイコス3duoの掃除の裏技
  • アイコス3duoがキレイになる掃除のコツ
  • アイコス3duoの掃除時の注意点

をまとめました。

 

アイコス3duoの掃除のコツ

  • 必ずアイコスが冷めてから掃除する

アイコス3duoの掃除は冷ましてから
掃除をする時の1つ目のコツは、アイコスは冷めてからです。

熱いまま掃除をしてしまうと

  • ブラシが溶ける
  • クリーニングスティックの液が蒸発する
  • 綿棒がブレードにくっつく

などの原因になってしまいます。

ブラシが溶けて、ブレードにこびり付いてしまったら・・・。逆に、汚れてしまいますね。もっと、掃除が大変になっちゃいます。

他にも、掃除する時のコツがあるので、紹介しますね。

 

  • 優しくトントンする

最初に余計なカスを、落としてしまうって事です。

やり方は、とっても簡単。

指でとんとんする

  1. ホルダーを逆さまに持つ
  2. 指でトントントンと叩く

コツは優しくトントンすることです。

下にティッシュなどを敷くと、良いですね。後片付けが、楽になりますよ。

綿棒にも、使い方にコツがあるんです。

 

  • 綿棒での掃除はクルクルなでるように

綿棒で、内部を掃除する時は、なでるように優しく動かします。

クルクルしながらやるのが、ポイント。

綿棒全体を使えますし、液を無駄なく塗り込む事ができるんです。特に、ブレードに力が入らないように、意識すると良いですよ。

以下で、掃除の裏技を紹介します!

 

アイコス3duoの掃除の裏技

キャップはぬるま湯につける

アイコス3duoの掃除はぬるま湯につかして
ホルダーのキャップ部分は、水洗いOKですよ。

結構、汚れが溜まっている場所なんです。なので、ぬるま湯につけ置きするのがおススメです。

汚れ具合にもよりますが、5~10分くらい浸けましょう

あとは、綿棒などで掃除すれば完了ですよ。終わった後は、良く乾かしてから使ってくださいね。

さらにキャップを分解すると、よりキレイになるんです。

 

キャップを分解する

キャップを分解して掃除すると、空気の通りがUPします。

つまり、吸い心地が格段に良くなるって事ですね!さっそくやり方を説明します。

まずは準備するもの。

準備するもの

  • 割り箸などの棒
  • ハンマー(叩けるものならOK)
  • ティッシュ
  • 綿棒

では、手順を説明しますね。

 

1,ホルダーからキャップを外す

1、キャップを外す

まずは、キャップを引っ張って外します。

 

2,キャップに棒を刺す

棒をさす

今回は、割り箸を使いました。 割り箸を割って、持ち手側を吸い口から刺します。

 

3,ハンマーで叩く

3-1、ハンマーで叩く

結構力が入りますが、破損しないように注意して下さいね。

 

3-2、DUOキャップ中身

無事に外れました。 アイコス3DUOの内部には、バネがついているんですね!

 

4,外れた黒い部品を掃除

4-1、DUO中身掃除

細かいところは、つまようじを使うとキレイになりますよ。

手持ちのDUOはまだ新しいので、そんなに汚れてませんでした。 そこで、試しに約2年間使用した2.4PLUSも分解してみました!

 

4-2、2.4PULS中身

凄く汚いですね。 カスがいっぱいついていました。

2.4PLUSには、バネが無いですね。 バネが無い分、汚れが溜まりやすそうですね。

綿棒やつまようじで、汚れを取り除きましょう。 もちろん、水洗いしてもOKですよ。 水洗いした後は、水分をしっかりふき取って下さいね。

 

5,内側をはめる

5-1、内部はめる方向

まず、黒い部品だけを、ブレード側の本体にハメます。

5-2、バネ抑えながら

DUOには、バネがありますね。 バネを、指で抑えながら入れましょう。

 

5-3、キャップ内部はめる

本体側に、小さな穴が2つずつ開いています 穴に、バネがはまるように入れるのがポイントです。

 

6,キャップの外側をはめる

6-1、外側はめる

キャップの外側を向きを確認してハメます。 『カチッ』と音がすればOKです!

実は今回、キャップが浮いてしまい、ハマらなかったんです!! アイコス3DUOは、バネがあるので上手くハマらないものもあるみたいですね。

でも、焦らなくて大丈夫です。 上手く入らない時は、裏側から叩くのがおススメ。

 

6-2、ハマらない時

割り箸の持ち手側を、キャップの本体側に刺します。 ハンマーで、軽く3回くらい叩けば終わりです。 力加減に注意してくださいね。

後は、キャップの外側を入れれば完了です! キャップをピカピカにして、新品同様の吸い心地を味わいましょう!

アイコス3の掃除って意外と面倒ですよね。できれば、1回の掃除でなるべくキレイにしたいもの。

キレイに掃除をするコツをまとめました。

 

アイコス3duoがキレイになる掃除のコツ

  • 綿棒の液はたっぷりと

アイコス3duoの掃除する綿棒

クリーニングスティックの液は、絞らずに使って下さい。

薬液をたっぷりつけて掃除をした方が、汚れがよく落ちますよ。 使っていない方は、包み紙から出さずにしておくとGOOD。 綿棒の乾燥を防ぐ事ができますね。

アイコスのトリセツ
専用のクリーニング液があると、汚れも落ちやすいね!

 


 

  • ブラシはキレイにしておく

クリーニングブラシは、キレイにしておきましょう。 前回の汚れが残っていると、掃除をしてもキレイになりませんね。 逆に、汚れてしまったって事になりかねません。

ホルダーの掃除の後は、ブラシもキレイに洗っておくのがポイントです。 次の掃除の時に、スグ始められますよ。

 

  • こまめに掃除をする

掃除をしないで放っておくと、汚れがどんどん溜まります。 しかも、カスなどが固まってしまい、なかなか落ちなくなるんです。

汚れが固くなると、落とすのに力が入ってしまいますよね。 ブレードが折れる原因になるって事ですね。 掃除を怠ると、故障の原因にもなってしまうんです。

  • 掃除の目安は、1箱20本を吸い終ったら

1日の終わりに、掃除する習慣を付けるのがおススメですよ。 こまめに掃除をする事で、1回の汚れ落としもラクになりますね。

キレイに掃除をするコツはわかりましたね。 では、どんな事に注意して、掃除をすれば良いのでしょう。

 

アイコス3duoの掃除時の注意点

ブラシは1方向に回す

ブラシ使い方

クリーニングブラシを使用する時は、同じ方向に回しましょう。右なら右にだけ、クルクル回してくださいね。

左右、前後など、色々な方向に回すと、ブレードが折れる原因になります。 ブレードは繊細なので、スグにポキッと折れてしまいますよ。 ブレード破損での交換は、1回だけしか出来ないので注意したいですね。

 

掃除後は乾燥させる

アイコス3DUOも、今までのアイコスと同じで精密機械です。 精密機械って事は、水濡れは厳禁ですよね。 故障の原因になってしまうからです。

クルピカ綿棒で掃除した後は、きちんと乾燥させて下さいね。特に、キャップを水洗いした時は、よ~く乾かしましょう。

 

ブレード掃除はやさしく

ブレードは折れやすいので、掃除中は注意が必要です。

ブレードを掃除する時は、やさしく丁寧にを心がけましょう。 綿棒で擦る際は、やさしく撫でるように。

特に根元を掃除する時は、注意が必要です。

  • 根元は折れやすい
  • 汚れが固くて落ちにくい

からですね。

固くて落ちにくい時は、力を入れず何度も擦ってください。 綿棒の液を染み込ませるようにやると、GOOD。

アイコスのトリセツ
アイコスのブレード根元の焦げの掃除は、以下で詳しく説明してるよ!

アイコスブレードの根元の焦げの取り方!黒いこびりつきをなくす掃除テクニック

 

まとめ

  • 掃除のコツは、冷たい時に優しくトントンカスを落とし、綿棒はクルクル回しながら使う。
  • 掃除の裏技は、キャップをぬるま湯に浸ける事と、分解掃除する事。
  • キレイに掃除するには、綿棒は液たっぷりで、キレイなブラシを使い、マメに掃除する事。
  • 掃除の注意点は、ブラシは1方向に回し、ブレードはやさしく擦り、よく乾燥させる。

 

最新のプルーム商品が発売スタート

plooms2.0

  • メンソールが味わい強化
  • 刺激を調整できる
  • 吸える本数が今までの2倍に

最初からこれ出して欲しかった
なんて声も出ています。

>>>プルームS 2.0のレビューを見る
 
 
ploms2のカラー

数量限定カラーもあります!

↓↓↓

プルームS 2.0を公式サイトで買う