プルームXが熱い

プルームXが熱い原因は?
アイコスのトリセツ
最初の一口目に唇が熱くなる時の対処法も教えるね!



 

プルームXが熱い原因は?

熱くなる吸い方をしてるかも?

プルームXが熱い

加熱温度が高いため、どうしても吸い始めはかなりの熱さに。

【プルームXの加熱温度】
・約295℃

満足度が高い吸いごたえにつなげるための仕方ない熱さ。そのため、熱い=故障ではないです。

プルームXの吸い方が熱い原因になってる場合も多いです。

自分の吸い方を見直してみると、落ち着いた熱さになることが多いってことですね。

 

アイコスのトリセツ
プルームXが熱い!と感じてるなら、下の対処法がおすすめ!

プルームXが熱い!最初の一口目に唇が熱くなる時の対処法

プルームXの一口目が熱い!時の対応はこちら

プルームXが熱い時の注意点

  • 歯でかみ、くわえて吸う
  • 吸い始めは、ゆっくり吸う
  • 加熱完了しても、10秒くらい待って吸う
  • 加熱中に一度吸っておく

1つ1つ熱い時の対処法を説明します。

 

歯でかみ、くわえて吸う

プルームXが熱い!最初の一口目に唇が熱くなる

唇で吸う人は、直接、熱に触れてるのと一緒なので、熱いと感じやすいです。

そのため、歯でかみ、くわえて吸うと、熱が歯に逃げるので、高温のダメージを抑えられます

いつも唇で吸ってる人も、最初の一口目は歯でかみながら、くわえて吸う対策をしてみましょう。

 

吸い始めは、ゆっくり吸う

プルームXが熱い!最初の一口目に唇が熱くなる

プルームXが一番熱いタイミングは、最初の一口目。

急いで強く吸い込むと、熱を持った蒸気がいきなり口の中へ流れていきます。

そのため、一気に熱を発生させないように、吸い始めは、ゆっくり吸うのがポイント。

アイコスのトリセツ
アンケートでも、「最初はゆっくり吸う」って声が多いね!

プルームXの一口目が熱くて悩んでる人へは、ゆっくり吸いの対策がおすすめとの結果に。

「それでも、まだ熱い・・!」なら、別の方法で熱さ対策をしてる声もあったので、取り上げますね。

 

加熱完了しても、10秒くらい待って吸う

プルームXが熱い!最初の一口目に唇が熱くなる

加熱直後は、プルームXの熱がこもっていて、高温です。

そのため、加熱完了の合図のバイブレーションから、10秒くらい待って吸うと、吸い始めの熱さも落ち着いてきます。

加熱が終わったらすぐ吸いたい気持ちはわかりますが、少し我慢して吸うと、熱さが和らぐってことですね。

 

加熱中に一度、吸っておく

プルームXの加熱中に一度、軽く吸っておくと、熱さ対策につながります。

吸う前に、蒸気の熱がまわりに広がるので、高温部分が集中しないで吸えるんですね。

思いっきり吸ってしまうと、最初の吸いごたえも悪くなるので、注意。加熱中でも熱いので、気をつけたいですね。

色々と対策してもプルームXが熱いままなら、加熱完了前に、一度だけ軽めに吸うようにしましょう。

 

プルームXが熱い時の注意点

たばこスティックが湿っていると注意

プルームXが熱い時の注意点
プルームXのたばこスティック自体が湿っていると、水蒸気が通常より多く発生し、熱い原因に

湿ったスティックの使用は熱くなりやすいので注意しましょう。

水分はデバイスへも悪影響なので、ジメジメして湿りやすい場所で吸うのを控えるべきですね。

 

  • 空焚きをして水分を飛ばす対策もアリ

プルームXが熱い時の注意点
湿ってる場合はどうすればいいのか?気になったので公式にも聞いてみました。

アイコスのトリセツ
プルームXで、湿ったたばこスティックへの対策は?
JT
空焚きをして内部の水分を飛ばしてからたばこスティックを挿入すると、蒸気自体の熱を感じづらくなります。

たばこスティックを入れないまま、加熱をする空焚きが、熱い時の対策になるようです。

吸う前に毎回、空焚きをするのも手間ですが、熱さに悩んでるなら、活用したいですね。

 

まとめ

プルームXが熱い

  • プルームXが熱い原因は、加熱温度の高さ
  • プルームXの吸い方を改善すると、熱さが和らぐ
  • 熱い時は、歯でかみ、くわえて吸う。吸い始めは、ゆっくり吸う。加熱完了しても、10秒くらい待って吸う。加熱中に一度、吸っておくなど
  • たばこスティックが湿っていると、熱くなりやすい
  • 空焚きをして水分を飛ばす対策もアリ
アイコスのトリセツ
むせる!って人は吸い方がおかしいかも?むせない方法も解説してるよ!

プルームXの吸い方のコツは?むせない方法

 

 

IQOSイルマプライム(ジェイドグリーン色)をプレゼント

アイコスのトリセツプレゼント企画

アイコスのトリセツ
応募はタダだよ!運試しにぜひ↓